ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【論語 第12編-002】「仲弓問仁」

「論語に学ぶ」シリーズ

「論語」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は「第12編-002」です。

※本記事は「論語の解説」ではありません。あくまでも僕が論語を読みながら感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、軽く「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [論語 第12編-002]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

仲弓問仁。

子曰。

出門如見大賓。

使民如承大祭。

己所不欲。

勿施於人。

在邦無怨。

在家無怨。

仲弓曰。

雍雖不敏。

請事斯語矣。

 

論語 第12編-002

 

f:id:yukihori-oyaji:20181230121116j:plain


今回は

ノーマルですね。

 

こんな意味かな…

仲弓さんが仁について尋ねました。

孔子さんは

「門を出て社会の人と交わる時には、貴賓に対するように敬虔であるといいでしょう。人民に何かをお願いする場合には、神々を祭る時のようにするといいでしょう。

自分が人にされたくないことを、人に対してしてはいけません。

もしそれができたら、国に仕えても、家に居ても、平和を楽しむことができるでしょうね」

と答えました。
仲弓さんは

「私はまだまだですが、教えていただいたことを一生の守りにいたしたいと思います」

と言いました。

つまり

今回は

 

偉そうに

しちゃぁ

ダメ

 

という事だな、

と感じました。

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。