ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【論語 第11編-025-2】「子路率爾對」

「論語に学ぶ」シリーズ

「論語」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は「第11編-025-2」です。

※本記事は「論語の解説」ではありません。あくまでも僕が論語を読みながら感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、軽く「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [論語 第11編-025-2]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

子路率爾對。

曰。

千乘之國。

攝乎大國之間。

加之以師旅。

因之以饑饉。

由也爲之。

比及三年。

可使有勇且知方也。

夫子哂之。

 

論語 第11編-025-2

  

f:id:yukihori-oyaji:20181224093203j:plain

  

今回も

ノーマルですね。

 

こんな意味かな…

すると、子路さんが真っ先にこたえました
「千乗の国が大国に挟まれて圧迫をうけ、戦争、饑饉というような難局におちいった場合でも、私がその国政に当るとしたら、三年ぐらいで民を勇気づけ、かつ彼等に正しい行動基準を与えることができます」

聞いていた孔子さんは微笑しました。

つまり

今回は

 

子路さん

かなりの

自信です

 

  

と思いました。 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。