ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【論語 第10編-008】「斎必變食」

「論語に学ぶ」シリーズ

「論語」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は「第10編-008」です。

※本記事は「論語の解説」ではありません。あくまでも僕が論語を読みながら感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、軽く「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [論語 第10編-008]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

斎必變食、

居必遷坐。

食不厭精、

膾不厭細。

食饐而餲、

魚餒而肉敗不食。

色惡不食。

臭惡不食。

失飪不食。

不時不食。

割不正不食。

不得其醤不食。

肉雖多。

不使勝食氣。

唯酒無量、

不及亂。

沽酒市脯不食。

不撤薑食。

不多食。

祭於公、

不宿肉。

祭肉不出三日。

出三日、

不食之矣。

食不語、

寢不言。

雖疏食菜羮瓜、

祭必齊如也。

 

論語 第10編-008

      

f:id:yukihori-oyaji:20181112075825j:plain

 

今回も

メッサ長いですね。

 

こんな意味かな…

祭祀の為には、食事の内容を変えました。

坐る場所も普段とは違う所にしました。

米はよく精白したものを好みました。

膾は細かく切った物を好みました。

味の変ったものは食べませんでした。

魚も臭いが変って肉の崩れたものは食べませんでした。

色の悪いものや臭いの悪いものは食べませんでした。

煮方の良くないもの、季節はずれのもの、切り目の正しくないもの、料理に合った付けだれでないも等は食べませんでした。

肉の量は多くても飯の分量以上は食べませんでした。

お酒は呑みましたが、酔って取り乱すことはありませんでした。

市場で買って来る酒や乾し肉は口にしませんでした。

料理に添えてある薑は捨てずに食べました。

多くは食べず、 祭祀で賜った肉はその日のうちに食べました。

家の祭祀に供えた肉は、三日以内に食べ、過ぎたものは食べませんでした。

食事中は話しをせず、寝るときにも喋りませんでした。

粗末な飯や野菜の吸物や瓜のようなものも、祭祀の時には必ず謹んでお供えをしました。

 

つまり

今回も

 

それを

言われても...

  

 

と感じてしまいました。

 

なんだか度々

すみません。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。