ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【論語 第10編-006】「君子不以紺緅飾」

「論語に学ぶ」シリーズ

「論語」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は「第10編-006」です。

※本記事は「論語の解説」ではありません。あくまでも僕が論語を読みながら感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、軽く「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [論語 第10編-006]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

君子不以紺緅飾。

紅紫不以爲褻服。

當暑縝絺綌、

必表而出。

緇衣羔裘、

素衣麑裘、

黄衣狐裘。

褻裘長、

短右袂。

必有寢衣、

長一身有半。

狐貉之厚以居。

去喪無所不佩。

非帷裳、

必殺之。

羔裘玄冠不以弔。

吉月、

必朝服而朝。

齊必有明衣、

布也。

 

論語 第10編-006 

     

f:id:yukihori-oyaji:20181112073655j:plain

 

今回は

メッサ長いですね。

 

こんな意味かな…

孔子さんの服装は、紺色布などで襟や袖口を装飾しません。

紅や紫の色は普段は着ません。

暑い日は葛糸で織った単衣の上衣を着用しましたが、必ず下着は着ました。

黒い上着の裏地には子羊の黒い毛皮、白い上着の裏地には子鹿の白い毛皮、黄色い打ち合わせ和議の裏地には狐の黄色い毛皮というように、内と外に同系統の色を用いました。

普段着る毛皮は長めにゆったりと作り、右の袂を短くしました。

寝る時は必ず寝巻を着ました。

寝巻の丈は身長の1.5倍ありました。

家に居る時は、狐や貉の毛皮を厚く敷いて坐りました。

喪に服する時以外は装飾品をつけました。

礼服の袴にはひだ付きのものを着用しましたが、それ以外はひだ無しのものをはきました。

黒い毛皮や黒い冠では弔問に行きませんでした。

引退後も毎月一日には必ず礼服を着て参内しました。

祭祀の為に斉戒沐浴した時には、必ず麻布で作った純白の浴衣を着用しました。

 

つまり

今回は

 

言われても...

  

 

と感じてしまいました。

 

なんだか

すみません。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。