ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【論語 第08編-208】「禹吾無間然矣」

「論語に学ぶ」シリーズ

「論語」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は「第08編-208」です。

※本記事は「論語の解説」ではありません。あくまでも僕が論語を読みながら感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、軽く「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [論語 第08編-208]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

子曰、

禹吾無間然矣。

菲飮食、

而致孝乎鬼神、

惡衣服、

而致美乎黻冕、

卑宮室、

而盡力乎溝洫。

禹吾無間然矣。

 

論語 第08編-208   

 

f:id:yukihori-oyaji:20180930071825j:plain

 

今回は

適量ですね。

 

こんな意味かな…

孔子さんはいいました、

「禹王には文句のつけようがないです。

自分の食事を切り詰めて祭事を優先しました。

日頃の衣服は節約して、礼服を立派にしました。

宮室は質素にして、町の工事には費用を惜しみませんでした。

禹さんの生き方には、文句のつけようがないです」

ってね。

つまり

今回は

 

自分の利益より

みんなの利益が

重要

 

 

という事だな、

と感じました。 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。