ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【論語 第08編-189】「恭而無禮則勞」

「論語に学ぶ」シリーズ

「論語」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は「第08編-189」です。

※本記事は「論語の解説」ではありません。あくまでも僕が論語を読みながら感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、軽く「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [論語 第08編-189]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

子曰、

恭而無禮則勞。

愼而無禮則子葸。

勇而無禮則亂。

直而無禮則絞。

君子篤於親、

則民興於仁。

故舊不遺、

則民不偸。

  

論語 第08編-189

  f:id:yukihori-oyaji:20180904123924j:plain

 
今回は

ノーマルですね。

 

こんな意味かな…

孔子さんはいいました、

「うやうやしいのは良いですが、礼が伴わないとくたびれます。

慎重なのは良いですが、礼が伴わないと臆病者に見られます。

勇気のあるのは良いですが、礼が伴わないと乱暴者と言われます。

率直なのは良いですが、礼が伴わないと薄情と言われます。

人の上に立つ者が親族に手厚くすれば、人々も親子兄弟睦み合うようになりますし、

昔なじみを大切にしていれば、人々も薄情なことはしなくなりますよ」

ってね。

  

つまり

今回は

 

上っ面じゃぁ

意味がない

 

という意味かな

と思いました。 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。