ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【論語 第05編-116】「孰謂微生高直」

「論語に学ぶ」シリーズ

「論語」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は「第05編-116」です。

※本記事は「論語の解説」ではありません。あくまでも僕が論語を読みながら感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、軽く「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [論語 第05編-116]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

子曰、

孰謂微生高直。

或乞醯焉。

乞諸其鄰而與之。

 

論語 第05編-116

    

f:id:yukihori-oyaji:20180617214939j:plain

 

今回も

シンプルですね。

 

こんな意味かな…

孔子さんが言いました

「誰が一体あの微生高さんのことを馬鹿正直者だなどと云うのでしょうか。

ある人が微生高さんに酢をもらいに行ったら、自分の家になかったので、隣の家からもらって来たそうですよ。

馬鹿正直どころか、ちゃっかりしていますよねぇ」

ってね。

 

つまり

今回は

またもや

 

はぁ、

そうですか...

 

と感じただけでした。

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。