ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【論語 第05編-108】「子謂子産」

「論語に学ぶ」シリーズ

「論語」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は「第05編-108」です。

※本記事は「論語の解説」ではありません。あくまでも僕が論語を読みながら感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、軽く「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [論語 第05編-108]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

子謂子産。

有君子之道四焉。

其行己也恭、

其事上也敬、

其養民也惠、

其使民也義。

 

論語 第05編-108

   


f:id:yukihori-oyaji:20180603103602j:image

 

今回は

ノーマルですね。

 

こんな意味かな…

孔子さんが鄭の宰相であった子産さんのことについて次のように言いました、

「彼には四つ徳が備わっていました。

一つめは、その身を持するための恭。

二つめは、君主につかえるのための敬。

三つめは、人々を養うための恵。

四つめは、人々のための義です」

ってね。

 

つまり

今回は

 

孔子さんは

子産さんを

リスペクト

してるんですね 

 

と感じました。

 

  

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。