ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【論語 第05編-107】「何以謂之文也」

「論語に学ぶ」シリーズ

「論語」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は「第05編-107」です。

※本記事は「論語の解説」ではありません。あくまでも僕が論語を読みながら感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、軽く「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [論語 第05編-107]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

子貢曰、

孔文子、

何以謂之文也。

子曰、

敏而好學、

不恥下問、

是以謂之文也。

 

論語 第05編-107

   
f:id:yukihori-oyaji:20180603103146j:image

  

今回は

シンプルですね。

 

こんな意味かな…

子貢さんが、

「孔文子さんは、どうして文という立派な称号もらったのでしょうか?」

聞くと、孔子さんは答えました

「あの人は生まれつき学問好きで、分からないことがあれば部下に聞くことを少しも恥としなかった。

そういった学問に対する真摯な態度があったからこそ素晴らしい称号を得たのです」

ってね。

 

つまり

今回は

 

努力は

報われる 

 

ということなんだ

と感じることに

しました。

 

  

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。