ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【論語 第01編-015】「貧而無諂」

「論語に学ぶ」シリーズ

「論語」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は「第01編-015」です。

※本記事は「論語の解説」ではありません。あくまでも僕が論語を読みながら感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、軽く「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [論語 第01編-015]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

子貢曰、

貧而無諂、

富而無驕何如。

子曰、

可也。

未若貧時樂道、

富而好禮者也。

子貢曰、

詩云、

如切如磋、

如琢如磨、

其斯之謂與。

子曰、

賜也始可與言詩已矣。

告諸往而知來者也。

 

論語 第01編-015

 
f:id:yukihori-oyaji:20180128123714j:image

 

これ、長いし

かなり手強そうですね。。。

 

こんな意味かな…

子貢さんは孔子さんに聞きました、

「貧しくても卑屈になることがなくて、

富んでも驕りたかぶることのない人物は

いかがなものですかね?」

と。

孔子さんは答えました、

「それは結構だけど、

たとえ貧乏であっても、

その貧乏であることすら忘れて学問修養の道を楽しんで、

金持ちになっても、

金のことを 忘れて礼儀礼節を好んで実行する者には及ばないよね」

と。

これを聞いた子貢さんは言いました

「詩経の中に切磋琢磨という句がありますが、

この句は孔子先生の今の言葉と同じ意味ですか?」

と。

孔子さんは子貢さんの感の良さに感心して言いました、

「その通り!

お前となら話が合いそうだなぁ。

打てば響くとはこのことだよ。

なかなかの優れ者だなぁ、お前」

ってね。
  

つまり

今回、僕は…

 

現状に甘んじて

居るようでは

まだまだ

 

…と言う事だな、

と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。