ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第79章】「大怨を和するも」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は 第79章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第79章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

大怨を和するも、

必ず余怨有り。

安くんぞ以て善と為す可けんや。

是を以て聖人は、

左契を執りて而も人を責めず。

故に、

徳有る者は契を司り、

徳きものは徹を司る。

天道は親無し、

常に善人に与す。

 

老子 第79章

 
f:id:yukihori-oyaji:20180117222835j:image

 

これは、

さっぱりわかりません。。。

 

こんな意味かな…

深い怨みを和解させたとしても、

必ず後まで怨みが残るんだ。

和解は最善の方法とはいえないね。

そういうワケだから、

聖人は借人の契約書は握っていても、

それで人に支払いを求めるような事はしない。

だから、

「徳」のある人は契約書を握るだけで、

「徳」のない人は金の取り立てをするんだ。

自然の道にえこひいきは無いし、

いつでも善人の味方につくんだよ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

権利を持っても

振りかざすな

 

…と言う事かな(?)

と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

プライバシーポリシー