ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第77章】「天の道は」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は 第77章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第77章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

天の道は、

其れ猶お弓を張るがごとき与。

高き者は之を抑え、

下き者は之を挙ぐ。

余り有る者は之を損し、

足らざる者は之を補う。

天の道は、

余り有るを損して足らざるを補う。

人の道は則ち然らず、

足らざるを損して以て余り有るに奉ず。

たれか能く余り有りて以て天下に奉ずるや。

唯だ道有る者のみ。

是を以て聖人は、

為して恃まず、

功成りて処らず、

其れ賢を見わすを欲ほっせず。 

 

老子 第77章

 
f:id:yukihori-oyaji:20180116230141j:image

 

これまた、なかなかの難解ぶりです。。。

 

こんな意味かな…

自然の道は「弓を引く」のに似ているね。

上の高いところは押し下げられて、

下の低いところは引き上げられるよ。

余っていたら減らされて、

足りなければ補われるよ。

自然の道は余っているモノを減らして、

足りないモノを補うんだね。

それに比べて人のやり方は、

足りないほうを減らして、

余っているほうを増やそうとするよね。

余りすぎてるモノを

人々の為に奉仕できる人は居るのかな?

「道」をマスターした人だけがそれをやれるんだよね。

そういうワケで、

聖人はそれをするけど、

誰れがしているのか判らないようにやるし、

成功しても、名声を求めないんだよね。

そもそも

他人よりも優れていることを

見せびかすような事をしないからね。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

ガメツくしても

良いこと無い

 

…と言う事が大切だな、

と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

プライバシーポリシー