ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第75章】「民の飢うるは」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は 第75章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第75章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

民の飢うるは、

其の上の税を食むことの多きを以て、

是を以て飢う。

民の治まらざるは、

其の上の為す有るを以て、

是を以て治まらず。

民の死を軽んずるは、

其の上の生を求むることの厚きを以て、

是を以て死を軽んず。

夫れ唯だ生を以て為すこと無き者は、

是れ生を貴ぶに賢れり。 

 

老子 第75章

 
f:id:yukihori-oyaji:20180116225039j:image

 

これは、

まあまあ判りやすいヤツですかね。。。

 

こんな意味かな…

人々が飢えるのは、

王が重く税金をとるからだよ。

だから、彼らは飢え苦しむんだ。

人々が治まらないのは、

王が生活に干渉するからだよ、

だから、治めにくいんだ。

人々が自分の生命を軽く捨てるのは、

王が「生」を追求し過ぎてるからだよ、

だから、人々は自分の生命を軽く扱うんだ。

生きる事に執着しないヒトこそが、

生命を大切にする方法を知るんだね。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

生への執着は

逆効果だよ

 

…と言いたいんだろうな、

と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

プライバシーポリシー