ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第73章】「敢えてするに勇ならば」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は 第73章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第73章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

敢えてするに勇ならば、

則ち殺され、

敢えてせざるに勇られば、

則ち活く。

此の両者は、

或いは利あり、

或いは害あり。

天の悪む所、

たれか其の故を知らん。

是を以て、

聖人すら猶お之を難しとす。

天の道は、

争わずして而も善く勝ち、

言わずして而も善く応じ、

召かずして而も自から来たり、

繟然として而も善く謀る。

天網恢恢、

踈にして而も失わず。

 

老子 第73章

 
f:id:yukihori-oyaji:20180116073622j:image

 

これはまた、

久々の難解ぶりですね。。。

 

こんな意味かな…

勇敢でも、無謀なヤツは死ぬよ。

無謀じゃなければ生き残るよ。

この二つは、

利益になったり、損になったりだね。

天が何を憎むのかなんて、

誰にもわからないよ。

聖人ですら、

そんな事はできないんだよ。

天の道に従ったら、

争わないでも勝つし、

尋ねなくても応えてくれるし、

招かなくても成功はやってくるし、

滅茶苦茶大きいのにうまく工夫されているよ。

天の網はすべてを包みこむんだ。

その目は粗いけど、何も逃さないんだよ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

何が正解か

なんてわからないから

自然体がベスト

 

…と言いたいのかな、

と感じました。

 

それにしても「天網恢々…」の諺って老子からきてたんですね。

恥ずかしながら、全然知りませんでした。

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

プライバシーポリシー