ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第67章】「天下、皆謂う」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は 第67章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第67章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

天下、皆謂う、

我れは大にして不肖に似たり、と。

夫れ唯だ不肖なり、

故に能く大なり。

若し肖ならば、

久しいかな其の細なるや。

我に三宝あり、

持して之を保つ。

一に曰く慈、

二に曰く倹、

三に曰く敢て天下の先と為らず、と。

慈なり、

故に能く勇なり。

倹なり、

故に能く広し。

敢えて天下の先と為らず、

故に能く器の長と成る。

今、慈を舎てて且に勇ならんとし、

倹を舎てて、且に広からんとし、

後を舎てて且に先ならんとせば、

死せん。

夫れ慈は、

以て戦わば則ち勝ち、

以て守らば則ち固し。

天将に之を救わんとし、

慈を以て之を衛る。

 

老子 第67章

 
f:id:yukihori-oyaji:20180110194803j:image

 

これ、長いですけど

そこそこ判るかも知れないですね。。。

 

こんな意味かな…

世の人は皆、私の事を

大人物みたいだけれど愚か者にも見える、

って言うんだよね。

そもそも愚か者だからこそ

大物にもなれるのにね。

もし賢かったら、

きっと私は小賢しいヤツになってるんだろうね。

私には三つの宝があるんだ。

第一は「慈しみ」で、

第二は「倹約」で、

第三は「人々の先頭に立たない事」だよ。

慈しみがあるから

勇気を出すことができるし、

倹約するから

広くなれるし、

人々の先頭に立たないから、

皆の長になることができるんだよ。

もし今、

「慈しみ」を持たずに勇敢であろうとして、

倹約せずに広く施そうとして、

人々の先頭に立つことに憧れたら、

きっと死んでしまうんだろうね。

戦争でも、

「慈しみ」を持って戦えば勝てるし、

うまく防ぐこともできるんだよ。

天が人を救うとしたら、

「慈しみ」を持っている人を守るんだよ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

「慈しみ」と

「倹約」と

「謙虚さ」が大切

 

 

…だと言う事だな、

と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

プライバシーポリシー