ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第51章】「道、之を生じ、徳、之を蓄う」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 今回は 第51章です。

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第51章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

道、之を生じ、

徳、之を蓄う。

物、之を形づくり、

勢、之を成す。

是を以て、

万物は道を尊び徳を貴ばざるは莫し。

道の尊く、

徳の貴きは、

夫れ之に命ずる莫くして、

常に自ずから然り。

故に、

道、之に生じ、

徳、之を蓄い、

之を長じ、之を育み、

之を亭め之を毒んじ、

之を養い之を覆う。

生じて有せず、

為して恃まず、

長じて宰せず。

是れを玄徳と謂う

 

老子 第51章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171218230419j:image

 

ここは、少しわかりやすそうな印象…

というか、どこかで見たこと有るような。。。

 

こんな意味かな…

「道」が万物を生み出して、

「徳」が万物を養育するんだ。

モノとしての形を与えられて、

何かの働きを持つものとして万物が完成するよ。

だから万物は「道」をリスペクトするし、

「徳」を重視するんだ。

「道」や「徳」が重視されるわけは、

誰が命令したとかいうワケじゃなくて、

昔から自然にそうなっているからなんだよ。

だから「道」が万物を生み出して、

「徳」が万物を育てて、成長させて、

実を結ばせて成熟させて、

保護するんだよ。

生み育てても自分の物とはしないで、

育てながらも自分に見返りを求めないし、

成長させても支配したりはしないよ。

これこそがもっとも深い「徳」なんだよね。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

「道」と「徳」の話、

10章のリフレインだな…

 

…と感じました。

 

www.terra-sun.net

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。