ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第48章】「学を為す者は日に益し」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 今回は 第48章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第48章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

学を為す者は日に益し、

道を為す者は日に損す。

之を損し又た損し、

以て無為に至る。

無為にして而も為さざる無し。

天下を取とるは、

常に事無きを以てす。

其その事有るに及びては、

以て天下を取るに足らず。

 

老子 第48章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171214061848j:image

 

いつもよりは少しわかり易い文章かも。。。

 

こんな意味かな…

勉強すると、日々と知識は増えるけど、

「道」を修めれば、日々と欲望が減ってくよ。

減らしに減らすと「無為」に至るんだ。  

「無為」をもってして出来ないものはないよ。

天下を取るには、常に無為な事が大切で、

何かを作為的にやっちゃうと、

とてもじゃないけど天下は取れないよ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

 「流れ」が大切

 

…と言う事なんでしょうけど、

「無為で天下をとる」って言うのは

ちょっとイメージしにくいなぁ、

と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。