ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第47章】「戸を出でずして以て天下を知り」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 今回は 第47章です。

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第47章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

戸を出でずして以て天下を知り、

牖を闚わずして以て天道を見る。

其の出ずること弥いよ遠くして、

其の知ること弥いよ少なし。

是を以て聖人は、

行かずして知り、

見ずして名らかに、

為さずして成す。 

 

老子 第47章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171212234710j:image

 

すこしわかり易いかも?

何となくわかるだけに、ん?って感じです。。。

 

こんな意味かな…

部屋を出なくても世の中の事がわかるし、

窓の外を見なくても天の動きがわかるんだ。

遠くに行けば行くほど、

「道」の事は解り難くなるんだよね。

だから聖人は

何処にも行かないでわかり、

何も見ないで明らかにして、

何もしないで成し遂げるんだよ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

アレコレやるほど

「道」から遠ざかる

 

…と言うトコロまでは良いんですが、

だからと言って、何処にも行かず、

何も見ないで、何もしないで成し遂げる

モノって、果たしてどうなのかな?

と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。