ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第46章】「天下に道あらば」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 今回は 第46章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第46章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

天下に道あらば、

走馬を却けて以て糞す。

天下に道無かれば、

戎馬郊に生む。

罪は欲す可きより大なるは莫く、

咎は得んと欲するより大なるは莫く、

禍は足るを知らざるより大なるは莫し。

故に足るを知るの足るは、

常に足る。

 

老子 第46章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171212233828j:image

 

これまた、なんだか聞いた事あるような。。。

 

こんな意味かな…

世の中に「道」が行われて居るならば、

軍馬は払い下げられて耕作に使われるよ。

世の中に「道」が行われて居なければ、

身ごもった母馬さえも狩り出されて、

戦場で仔を産むことになるんだよ。

満足を知らない欲望より大きい「罪悪」はなくて、

何かを手に入れようとする事より大きい「過失」もないし、

満足を知らない事より大きな「災い」も無いんだ。

だから、「足るを知る」事で、

永遠に満足出来るんだよね。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

求めすぎずに

「足るを知る」

 

…と言う事は、

やっぱり大事だな…

と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。