ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第45章】「大成は欠けたるが若きも」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 今回は 第45章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第45章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

大成は欠けたるが若きも、

其の用は弊れず。

大盈は沖しきが若きも、

其の用は窮まらず。

大直は屈するが若く、

大功は拙なるが若く、

大弁は訥なるが若し。

躁は寒に勝ち、

静は熱に勝つ。

清静は天下の正と為る。

 

老子 第45章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171211190101j:image

 

段々慣れてきましたが、

まあまあのの難解ぶりですね。。。

 

こんな意味かな…

本当に完成したものは、

何か欠けているように見えるけど、

その働きは損なわれていないよ。

本当に充実しているものは、

中味がカラッポのように見えるけど、

その働きが「きわまる」事は無いんだよね。  

最も真っ直ぐなものはゆがんで見えるし、

最も器用なものは不器用に見えるし、

最も優れた弁舌は、口下手に見えるよ。

活発に運動をすれば冬の寒さに勝てるし、

安静にして居れば夏の暑さにも勝てるよ。

アレコレしないで静かであれば、

天下の模範になるんだよ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

イマイチに見えても

本物は良いモノ。

多くを語らずとも

皆が従う

 

…と言う事だな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。