ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第44章】「名と身といずれか親しき」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 今回は 第44章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第44章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

名と身といずれか親しき、

身と貨といずれか多れる、

得と亡といずれか病なう。

是の故に、甚だ愛せば必ず大いに費え、

多く蔵せば必ず厚く亡う。

足るを知れば辱しめられず、

止まるを知れば殆うからず、

以て長久なる可し。

 

老子 第44章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171211185910j:image

 

あれ?

これ、何処かで読んだことが有る気がします。。。

 

こんな意味かな…

名誉と身体とでは、どちらが身近かな?

身体と財産とでは、どちらが大切かな?

得る事と失う事では、どっちが苦しいかな?

名誉や財産への愛着も、度が過ぎると、

逆にたくさん費やすことになるよね。

蓄えすぎるとかえって大きな損失を受けるよね。

満足することを知れば、

恥をかくことも無いし、

適当にとどめる事を知れば、

危険に会わずに、安全でいられるんだよ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

名誉や財産よりも

身体が一番大切。

度を超すと

逆に損する

 

…と言う考え方が大事だな、

と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。