ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第42章】「道は一を生じ」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は 第42章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第42章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

道は一を生じ、

一は二を生じ、

二は三を生じ、

三は万物を生ず。

万物は陰を負い陽を抱き、

沖気以て和を為す。

人の悪む所は、

唯だ孤・寡・不轂にして、

而も王公は以て称と為す。

故に、物は或いは之を損して益し、

或いは之を益して損す。

人の教うる所は、

我れも亦た之を教う。

強梁なる者は其の死を得ず、

吾れ将に以て教えの父と為さん。

 

老子 第42章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171207080439j:image

これまた、手応え抜群です。。。

 

こんな意味かな…

 無としての「道」は有としての「一」を生み出し、

これが天地としての「二」を生み出して、

それがまた新しい「三」を生み出し、

この「三」が全てのモノを生み出すんだ。  

全てのモノは内面に「陰」と「陽」の「気」を持っていて、

その「気」を混ぜ合わせながら調和しているんだよ。  

皆は「孤」(孤児)、「寡」(独り者)、「不穀」(不幸)に、なりたくないけど、

王様たちは自分の事をそういう風に呼んでいるよね。  

こんな感じて、

物事は常に、損は益に、

あるいは益は損にと

いつも変化し続けて居るよ。

皆が教えあっている事を

僕からも教えておくよ。

「力で押し通す様なヤツは、ろくな死に方をしない」ってね。

これを「教えの基本」にしておくからね。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

もともと何も無いんだから

強引にアレコレやっても

良いことなんて無い

 

…と言う考え方は大事だな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。