ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第41章】「上士は道を聞かば」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 今回は 第41章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第41章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

上士は道を聞かば、

勤めて之を行なう。

中士は道を聞かば、

存するが若く亡するが若し。

下士は道を聞かば、

大いに之を笑う。

笑わざらば、

以て道と為すに足らず。

故に建言に之有り。

 

明道は昧きが若く、

進道は退くが若く、

夷道は纇なるが若し。

上徳は谷の若く、

大白は辱れたるが若く、

広徳は足らざるが若し。

建徳は偸れるが若く、

質真は渝るが若し。

大方は隅無く、

大器は晩成し、

大音は声希かに、

大象は形無し。

 

道は隠れて名なし。

夫れ唯だ道のみ

善く貸し且つ善く成す。

 

老子 第41章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171206075516j:image

 

これまた、なかなかの長文ですね。。。

 

こんな意味かな…

優れた人に「道」について聞くと、

積極的に実践するよ。   

普通の人に「道」について聞くと、

実践したりしなかったりするよ。  

駄目な人に「道」について聞くと、

大笑いするんだよね。  

でも、彼らに笑われるくらいでないと、

ホンモノの「道」とは言えないんだ。  

こんな格言があるよ…

 

明るい道は暗く見え、

進む道は退く様に見え、

平らな道は凸凹に見える。  

高い徳は空虚に見え、

潔白は汚れて見え、

広大な徳は何か物足りなく見える。

健全な徳を持つ人は怠け者に見え、

純朴な正しさを持つ人は無節操に見える。  

大きな四角には角がなく、

大きな器の完成は遅い。  

大きい音は聞き取れず、

限りなく大きいものは、

その姿が見えない

  

「道」は広々とし過ぎていて

名前の付けようが無いけれど、

そもそも「道」だけが

全てのモノを助けながら、

育成しているんだよ。

  

つまり

今回、僕はこの章で…

 

自分自身が信じる道なら

「笑われてなんぼ」

 

…と言う考え方も大切だな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。