ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第40章】「反とは道の動」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は 第40章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第40章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

反とは道の動、

弱とは道の用。

天下の物は有より生じ、

有は無より生ず。

 

老子 第40章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171205081338j:image

 

これは珍しく、短いパターンですが、

何となく深そうです。。。

 

こんな意味かな…

元に戻そうとするのが「道」の法則で、

柔弱なのは「道」の作用なんだよね。

世の中の物は「形が有るモノ」から生まれて、

「形が有るモノ」は「形の無いモノ」から生まれるんだ。

 

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

「エントロピーの法則」を思い出しました。

形を保つ為にはエネルギーが必要、

何もしないのが物理的に最も安定した状態。

だから自然体の「道」の考え方は理に適ってる。

 

 

…と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。