ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第38章】「上徳は徳とせず」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は 第38章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第38章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

上徳は徳とせず、

是を以て徳有り。

下徳は徳を失わず、

是を以て徳無し。

上徳は為すこと無くして、

而も以て為すこと無し。

下徳は為すこと無くして、

而も以て為すこと有り。

上仁は之を為して、

而も以て為すこと無し。

上義は之を為して、

而も以て為すこと有り。

上礼は之を為して、

而も之に応ずるなからば、

則ち臂を攘げて而して之に扔う。

故に、道を失いて而る後に徳あり、

徳を失いて而る後に仁あり、

仁を失いて而る後に義あり、

義を失いて而る後に礼あり。

夫れ礼なる者は、

忠信の薄きにして、

乱の首めなり。

前識なる者は、

道の華にして、

愚の始めなり。

是を以て大丈夫は其の厚きに処りて、

其の薄きに居らず。

其の実に処りて、

其の華に居らず。

故に、彼を去てて此れを取る。

 

老子 第38章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171201073317j:image

 

ううぅ…

これまた、なかなかの長文&難解ぶりです。。。

 

こんな意味かな…

 高い徳を身に付けた人は、

「徳」の有る事をする時にも

それを「徳」として意識しないよね。

だからこそ本当の「徳」が有るって言えるんだ。

低い「徳」を意識して、

見せびらかそうとするのは

「徳」が無い事になるよね。  

高い「徳」を身に付けた人は、

働きかけも無いし、打算も無いよ。

レベルの低い「徳」を身に付けた人は、

作為的では無いんだけど

何か「徳」のある事をした、

と意識しちゃってるんだよね。  

「仁」を身に付けた人は、

積極的に行動するけど、打算は無いんだ。

「義」を身に付けた人は、

積極的に行動して、打算も有るんだよね。

「礼」を身に付けた人は、

積極的に行動して、

相手が応えないと返礼を求めるんだよね。

そういうワケで、

「道」が失われると「徳」が現れ、

「徳」が失われると「仁」が現れ、

「仁」が失われると「義」が現れ、

最後に「義」が失われて「礼」が現れたんだ。  

そもそも「礼」なんてモノは、

マゴコロが薄れるから生まれるモノだから、

争い事の元になるものなんだよ。

先を見通す「知識」っていうのは、

「道」を飾る花みたいなモノで「愚」の始まりだね。  

そういうワケでいつも

立派な男は「道」を大切にして、

薄っぺらいモラルなんかには執着しないで、

華を捨て実を取るんだよ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

「義」とか「礼」すら

「道」から見たら

うわべのモノなんだね…

 

 

…と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。