ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第37章】「道は常に無為にして」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

今回は 第37章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第37章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

道は常に無為にして、

而も為さざる無し。

侯王、若し能く之を守らば、

万物、将に自ずから化せんとす。

化して欲作らば、

吾れ将に之を鎮むるに無名の樸を以てす。

無名の樸は、夫れ亦た将に欲せざらんとす。

欲せずして以て静ならば、

天下将に自ずから定まらんとす。 

 

老子 第37章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171130233615j:image

 

まあまあの難解ぶりですね。。。

 

こんな意味かな…

「道」は何もしないように見えるけど、

実はあらゆるものを成しているんだよ。  

王様がもし「道」を守っていたら、

皆は自分からそれを見習うだろうね。  

それでも欲が顔を出すのなら、

「素朴な心」に立ち戻ると良いよ。  

素朴で無欲な状態になっちゃえば、

天下は安定するんだよね。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

Simple is best

 

…と言うのは

やっぱり大事なんだな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。