ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第35章】「大象を執らば、天下往かん」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 今回は 第35章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第35章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

大象を執らば、

天下往かん。

往きて而も害あらず、

安ち平らかに太やかなり。

楽と餌には、

過客止まる。

故より道の言を出だすは、

淡乎として其れ味無し。

之を視れども見るに足らず。

之を聴けども聞くに足らず。

之を用うれども既くす可からず。

 

老子 第35章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171129084411j:image

 

まあ、いつもの難解ぶりですね。

 

こんな意味かな…

「道」をしっかり守っていれば、

どこに行っても害はなく、

平穏無事で過ごせるよ。

宴会の音楽とか美味しい料理は

旅人の足も止めさせるけど、

「道」の話って言うのは、

それを説明しても

味わいも無いし、

見えないし、

聞こえないんだよね。

でも、

いざ使うとなると、

その効用は無限で、

使い切れないモノなんだ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

「道」は地味だけど

無限のパワー

 

 

…と、言いたい章だな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。