ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第34章】「大道は氾として」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 今回は 第34章です。

※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第34章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

大道は氾として、

其れ左右す可し。

万物、之を恃みて生ずるも辞せず。

功成りて有を名のらず。

万物を衣養して主と為らず。

常に無欲なれば、

小と名づく可し。

万物、これに帰して主と為らず。

大と名づく可し。

是をもって聖人の能く大を成すや、

其の終に自ら大と為さざるを以て、

故に能く其の大を成す。 

 

老子 第34章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171129084437j:image

 

う…

またまた、なかなかの難解ぶりですね…

 

こんな意味かな…

「大道」はあふれた水みたいに

左右に広がって行き渡るんだ。

あらゆる物が「道」を頼りに

生まれて出てくるけど、

「道」はそれを拒む事もしないし、

自慢する事もないよ。

「道」はあらゆる物を育てながら、

それを支配しようともしないんだ。  

いつも無欲だから、

とりあえず「小」みたいに思われちゃうけど、

あらゆる物がすべて「道」に還って、

しかも「道」は主にならないんだから、

ホントは「大」って呼ぶべきなんだよね。  

そういうワケで聖人はいつも謙虚で

「大」として振る舞わないんだよ。

だからこそ人々は聖人を

「偉大な存在」として尊敬するんだよね。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

本当に大きな存在は、

その事を誇示しないもの

 

…と言う事が大切なんだな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。