ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第33章】「人を知る者は智なり」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第33章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

人を知る者は智なり、

自ら知る者は明なり。

人に勝つ者は力有り、

自ら勝つ者は強し。

足るを知る者は富み、

強めて行なう者は志を有す。

其の所を失わざる者は久しく、

死して而も亡びざる者は寿ながし。

 

老子 第33章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171128232718j:image

 

あれ?

これは、チョット読みやすくないですか?

 

こんな意味かな…

他人を理解出来る人は智恵があるね、

自分を理解出来る人は聡明だよね。  

他人に打ち勝つ人はには「力」が有るけど、

自分に打ち勝つ事ができる人には「強さ」が有るよね。

満足を知る人は豊かになるし、

努力する人は「志」を遂げられるんだよ。

自分の居場所を見失わ無いない人は長続きするし、

「道」の精神を保っている人は、

死んでも滅びないから長寿者と言えるよね。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

他人より

自分に目を向けて

努力を継続する事

 

…が大切だな、と改めて感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。