ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第32章】「道は常に名無し」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第32章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

道は常に名無し。

樸は小なりといえども、

天下、能く臣とする莫し。

侯王、若し能く之を守らば、

万物、将に自から賓せんとす。

天地は相い合して以て甘露を降し、

民は之に令する莫くして而も自ずから均し。

始めて制して名有り。

名も亦た既に有り、

夫れ亦た将に止まるを知らんとす。

止まるを知るは、

殆うかざる所以なり。

道の天下に在るを譬うれば、

猶お川谷の江海に与けるがごとし。

 

老子 第32章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171128082330j:image

 

これまた、なかなかの難解ぶりです。。。

 

こんな意味かな…

 

「道」は永遠に「無名し」なんだよね。

手が加えられていない素材みたいなものだよ。

「名前もない素材」は小さいけれど、

誰もそれを支配することは出来ないんだ。  

もし、王様が「それ」を持って守るなら、

皆は王様に従うだろうね。

 天と地は恵みをもたらすだろうし、

誰かが命令をしなくても、

ひとりでに人々は治まるだろうね。  

「素材」を刻み始めると名前が出来るよ。

名前が出来ると適当なところで

「留める事」を知らないとダメだね。

 限度を知って居れば、

危険を逃れる事が出来るんだ。  

「道」を世の中に有るもので例えて言うと、

川や谷の水が、大河や海に流れ込むのと同じようなモノなんだ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

管理も程々に、

過ぎたるは及ばざるが如し

 

…と言う事だな、と改めて感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。