ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第31章】「其れ兵は不祥の器なり」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第31章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

其れ兵は不祥の器なり。

物或いは之を悪む、

故に有道者は処らず。

君子は居らば則ち左を貴び、

兵を用いば則ち右を貴ぶ。

兵は不祥の器にして、

君子の器に非ず。

已むを得ずして之を用いば、

恬澹なるを上と為す。

勝つも美とせず。

而し之を美とせば、

是れ人を殺すを楽しむなり。

其れ人を殺すを楽しむ者は、

則ち以て志を天下に得可からず。

吉事には左を尚び、

凶事には右を尚ぶ。

偏将軍は左に居り、

上将軍は右に居る。

喪礼を以て之に処るを言いうなり。

人を殺すことの衆ければ、

悲哀を以て之に泣み、

戦い勝つも、

喪礼を以て之に処る。

 

老子 第31章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171126071853j:image

 

ふぇ~、またまた、なかなかの難解ぶりです。。。

 

こんな意味かな…

「武力」みたいなモノは、皆嫌うよね。

だから「道」を身に付けた人は、

そんなモノには近付かないんだ。

君子は普段「左側」を尊重して、

武力を使うときは「右側」を尊重するんだ。

「武力」みたいな不吉なモノは、

君子が使うようなモノじゃないし、

やむを得ずそれを使ったとしても

「あっさり」と使うのが一番だよ。

勝っても、ソレを良い事にしちゃうとダメ。

もし良としたら、それは殺人を楽しんでるって事。

殺人を楽しみにするような人には、

天下に志を遂げるような事は出来ない。

 

吉事には「左側」を尊重して、

凶事には「右側」を尊重するけど、

軍隊でも副将が左に座って、

大将は「右側」に座るんだよね。

つまり戦争は、

常に葬儀の作法に沿って行われるんだよ。

戦争では大勢の人が死ぬから、

その哀悼の意味で、

軍では戦いに勝っても

いつも葬儀の作法をとるんだよ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

戦争に勝って

喜んでいるような奴は

駄目な奴

 

…と言う考え方は確かに大切だな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。