ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子30第章】「道を以て人主を佐くる者は」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第30章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

道を以て人主を佐くる者は、

兵を以て天下に強くせず。

其の事、還るを好む。

師の処る所は、

荊棘生じ、

大軍の後は、

必ず凶年有り。

善者は果たすのみ、

以て強きを取らず。

果して矜ること勿かれ、

果して伐ること勿かれ、

果して驕ること勿かれ。

果して已むを得ずとし、

果して強くすること勿かれ。

物ほ壮ならば則ち老ゆ、

之を不道と謂う。

不道は早く已む。

 

老子 第30章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171124074120j:image

 

チョッと長くて、疲れますね…

 

こんな意味かな…

「道」に基づいて君主を補佐する人は、

武力で天下に強さを見せようはしないよ。

武力を使うと必ず報復されちゃうからね。

軍隊が駐留して撤収した後の田畑には、

荊が茂るから、後で必ず凶作になるんだ。

勝てばそれだけで良いんだから、

その後は武力を見せ付けないことだね。

勝っても、自惚れないで、誇らないで、

高慢になっちゃいけないよ。

武力で勝利したとしても

「やむを得ずこうなったんだ」と考えて、

強がっちゃ駄目なんだ。

物事は、盛り上がっても、必ず冷めるよ。

何故なら「道」に沿ってないからだね。

「道」に沿って無いと、

速攻で滅びちゃうよ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

自惚れて

強がっていても

長続きはしない

 

…と言う考え方が大事だな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。