ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子29第章】「天下を取めんと将欲して之を為さば」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第29章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

天下を取めんと将欲して之を為さば、

吾れ其の得ざるを見るのみ。

天下は神器なり。

為す可からずなり。

為す者は之を敗り、

執とる者は之を失う。

故に物は或いは行き或いは随い、

或いは歔し或いは吹き、

或いは強く或いは羸く、

或いは挫し或いは隳つ。

是を以て聖人は、

甚を去り、

奢を去り、

泰を去る。

 

老子 第29章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171124073340j:image

 

言葉が…もはや日本語じゃ無いみたいですね~

 

こんな意味かな…

誰かが天下を治めようとしても、

そんな事が実現するのを見た事ないよね。

天下っていうのは神聖なものだから、

何とかしてやろうとしても、

逆に壊しちゃうし、

何とか掌握してやろうとしても、

逆に失ってしまうよ。

世の中の人達の中には、

自分から先に進む人も居れば

後ろから付いていく人も居るし、

穏やかな人も居れば

気性の荒い人も居る。

パワフルな人も居れば、

そうでない人も居るし、

自分を大切にする人も居れば

自暴自棄な人も居る。

 

だから聖人は

極端な事をしないし、

贅沢な事もしないし、

作為的な事もしないで

自然に任せるんだよね。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

世の中には

色々な人が居るから

自然に任せるのが

一番良い

 

…と言う事が大切だな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。