ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子28第章】「其の雄を知りて」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第28章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

其の雄を知りて、

其の雌を守らば、

天下の谿と為る。

天下の谿と為らば、

常徳離れず、

嬰児に復帰す。

其の白を知りて、

其の黒を守らば、

天下の式となる。

天下の式とならば、

常徳忒わず、

無極に復帰す。

その栄を知りて、

その辱を守らば、

天下の谷と為る。

天下の谷と為らば、

常徳すなわち足りて、

樸に復帰す。

樸散ずればすなわち器と為る。

聖人、之を用いば、

則ち官長と為す。

故に大制は割かず。

 

老子 第28章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171121231116j:image

うぐっ… 今回はチョッとキツい(ムズい)ですね~

 

こんな意味かな…

本当は強いのに柔和な姿勢を守れば、

「天下の谷」として、皆に尊敬されるよ。

「天下の谷」になれば、

「徳」から離れる事が無くなって、

赤ちゃんみたいな純粋さに立ち帰るんだ。

本当は賢いのに目立たずに居れば、

「天下の式」として、皆の模範になるよ。

「天下の式」になれば、

「徳」と一体化して、「道」の世界に立ち帰るんだ。

栄誉をひけらかさずにエラそうにしなければ、

「天下の谷」として、皆に慕われるよ。

「天下の谷」になれば、

「徳」が体の中に満ち溢れて、

切りたての木みたいに素朴になれるよ。  

木を小さく削ると、器になるけど、

聖人がこの人材を使うと、

人を統率する官長になるよ。

とかく細かくしたり、削ったりとかの

無駄が無いんだよね。 

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

 長所は

自慢しない

ほうが良い

 

…と言う事が大切だな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。