ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子27第章】「善く行く者は轍迹無く」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第27章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

善く行く者は轍迹無く、

善く言う者は瑕讁無く、

善く数うる者は籌索を用いず。

善く閉ざす者は関楗無くして、

しかも開く可からず、

善く結ぶものは縄約無くして、

しかも解く可からず。

是を以て聖人は常に善く人を救う、

故に人を棄つる事なし。

常に善く物を救う、

故に物を棄つる事なし。

これを襲明と謂う。

故に善人は不善人の師、

不善人は善人の資なり。

其の師を貴ばず、

其の資を愛せざらば、

智といえども大いに迷う。

是を要妙と謂う。

 

老子 第27章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171120215607j:image

 

慣れてきたんでしょうか?

この章も、何となく判る気がします。

 

こんな意味かな…

行進の進め方がうまいと

車や馬の痕跡を残さないよ。

話し方がうまい人は

言葉で人を傷付けないよ。

計算がうまい人は、

計算棒を使わずに計算するよ。

門を閉める事が上手な人は、

かんぬきを使わなくても

開けられなくしちゃうよ。

結び方のうまい人は、

縄を使わなくても解けなくするよ。

そんな感じで聖人は

何時もうまく人を使うから、

人々を見捨てる事が無いよ。

何時もうまく物を使うから、

物を捨てる事が無いよ。

これを「襲明」というんだ。

善人は悪人の師で、

悪人もまた善人の手本になるよ。

そういった師や手本を大切にしなければ、

「自分は賢い」と思ってたとしても、

本当は愚か者だよね。

こういう事を「要妙」っていうんだよ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

様々な要素から

学ぶチカラを持つ

 

…と言う事が大切だな、

「無知の知」に通じるモノが在るな、

と感じました。

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。