ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子26第章】「重きは軽きの根為り」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第26章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

重きは軽きの根為り、

静かなるは躁がしきの君為り。

是を以て君子は、

終日行きて輜重を離れず。

栄観有りといえども、

燕処して超然たり。

奈何ぞ万乗の主にして、

而も身を以て天下に軽がろしくせんや。

軽がろしからば則ち本を失い、

躁がしからば即ち君を失う

 

老子 第26章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171117082526j:image

 

あ、少し読みやすい気がしました…

 

こんな意味かな…

重いモノは軽いモノの基礎になって

静かなものが騒がしいものを支配するんだ。

だから君子は

1日中行軍していても、

部隊中央の輸送部隊を

離れることがないんだ。

道中に豪華なモノが有っても、

目を奪われ無いままで、

悠然としているんだよ。

万を越える兵の部隊を

動かす君主なのに、

我が身を天下より軽んじるワケないよね。

軽はずみな事をしたら立場無いし、

メチャクチャやっちゃうと

地位も失うからね。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

リーダーたるもの

ドッシリ構えて

余計なことを

アレコレやらない

ほうが良い

 

…と言う事が大切だな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。