ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第25章】「物有り混成し、天地に先だちて生ず」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第25章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

物有り混成し、天地に先だちて生ず。

寂たり寥たり、

独立して改まらず、周行して殆まず。

以て天下の母と為す可し。

吾れ、其の名を知らず、

之れに字して道と曰い、

強いて之れが名を為して大と曰う。

大なれば曰に逝き、

逝けば曰に遠く、

遠ければ曰に反る。

道は大なり、天は大なり、

地は大なり、王も亦た大なり。

域中に四大有り、

而して王は其の一に居る。

人は地に法り、地は天に法り、

天は道に法り、

道は自然に法る。

 

老子 第25章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171116073038j:image

 

ふーむ、解るような解らないような…

 

こんな意味かな…

「何か」 が混ざり合いながら

天地よりも先に生まれたんだ。

それは、形もなくひっそりと、

何かに依存することもなく、

巡り巡って止まることもなく、

この世界の母みたいな物なんだ。

「何か」の名前は知らないけど、

無理矢理名付けて「大」と呼ぶよ。

「大」だから動いて行って、

遠くまで行ったら、また戻るんだよ。

「道」、「天」、「地」、「王」は

どれもが「大」なんだよね。

「王」も、その内の1つだよ。

人は「地」をお手本にして、

地は「天」をお手本にして、

天は「道」をお手本にして、

道は「自然」をお手本にしているよ。

 

つまり

今回、僕はこの章は…

 

 「道」が総てのRootsだよ

 

…と言いたい章なんだな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。