ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第24章】「企つ者は立たず、跨ぐ者は行かず」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第24章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

企つ者は立たず、

跨ぐ者は行かず。

自ら見る者は明らかならず、

自ら是とする者は彰われず。

自ら伐る者は功無く、

自ら矜る者は長しからず。

其の道に在る也、

余食、贅行と曰う。

物或いは之を悪む。

故に有道者は処らず。

 

老子 第24章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171115200503j:image

 

慣れてきたのか、この章も少し判りやすい気がします…

 

こんな意味かな…

爪先立ちは続かないよ、

大股歩きも長続きしないよ。

知ったか振りだと物事が見えないし、

正当化する人には是非が判らないよ。 

自慢屋は「功」を失うし、

賢く見せようとしても長続きはしないね。

「道」の考え方で言うとしたら、

余り物や、余計なものって言うんだよ。

誰もそんなモノは要らないよね。

だから、「道」を身に付けた人は

そんな事をしないんだよ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

無理をしても続かないし

無駄にしかならない

 

…と言う事を教えてくれて居る、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。