ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第23章】「希言は自然なり」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第23章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

希言は自然なり。

故に、飄風も朝を終えず、

驟雨も日を終えず。

孰か此れを為す者ぞ、天地なり。

天地すら尚お久しくする能わず、

而るを況や人に於てをや。

故に事に従いて而して

道なる者は道に同じ、

徳なる者は徳に同じ、

失なる者は失に同ず。

道に同ずる者は、

道も亦た之を得、

徳に同ずる者は、

道も亦た之を徳とし、

失に同ずる者は、

道も亦た之を失とす。

信足らざらば、

信ぜられざること有り。

 

老子 第23章

  
f:id:yukihori-oyaji:20171115081817j:image

 

この章は、少し読みやすく感じました。

 

こんな意味かな…

自然は多くを語らないよ。

旋風は朝中吹き続けないし、

暴雨も1日中旬降り続ける事はないよ。

誰が、雨を降らせて風を吹かせてる?

自然だよね。

自然ですら、ずっと長くは

続けられないのに

人なら尚更出来るわけ無いよ。

だから、何かをする時に

「道」に寄り添う人は「道」と一体になり、

「徳」に寄り添う人は「徳」と一体になり、

「道」を失った人は「失」と一体になるよ。

「道」と一体になる人は

 「道」もその人を認めるし、

「徳」と一体になる人は

 「道」もその人を「徳」と認めるし、

「失」と一体になる人は

 「道」もその人を「失」とするよ。

 リーダーが誠実じゃないと

周りからは信用されないよね。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

人の上に立つなら

ナチュラル&誠実が重要

 

…と言う事だな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。