ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第22章】「曲がれば則ち全く」

「老子に学ぶ」シリーズ 

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第22章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

曲がれば則ち全く、

枉まれば則ち直く、

窪めば則ち盈ち、

弊るれば則ち新たに、

少なければ則ち得、

多ければす則ち惑う。

是を以て聖人は一を抱きて天下の式と為る。

自ら見ず、故に明らかなり。

自ら是とせず、故に彰わる。

自ら伐らず、故に功有り。

自ら矜らず、故に長し。

夫れ唯だ争わず、

故に天下能く之と争う莫し。

古の所謂「曲がれば則ち全し」とは、

あに虚言ならん哉。

誠にに全くして之を帰す。

 

老子 第22章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171114235534j:image

 

 いつもよりは、少しマシですが、やっぱり難解ですね…

 

こんな意味かな…

曲がっているからこそ、全う出来るし、

屈むからこそ、真っ直ぐになれるし 、

窪んで居るからこそ、満ちるし、

破れているからこそ、新しく出来るし、

少なければこそ、得られるし、

多ければ、迷ってしまうよ。

だから聖人は、

一なる「道」 を抱いて

世の中の人々の模範になるね。

自分では知ったかぶらないから

物事がよく見えるよ。

自分では正当化しないから

是非が明らかになるよ。

自分では誇らないから

「功」を保てるし、長続きもするね。

そもそも誰とも争わないから、

誰もが彼と争うことは出来ないよ。

昔の人が言った

「曲がっているからこそ全う出来る」は

出鱈目ではないよ。

我が身を完全なままで

天寿を全うするね。

 

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

自分を「良く見せよう」

としなくても、

ありのままで充分だよ

 

…と言う事だな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。