ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第21章】「孔徳の容、唯だ道に是れ従う」

「老子に学ぶ」シリーズ

「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第21章]


さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

  

孔徳の容、唯だ道に是れ従う。

道の物たる、唯だ恍唯だ惚。

忽たり恍たり、其の中に象あり。

恍たり惚たり、其の中に物あり。

窈たり冥たり、其の中に精あり。

その精甚だ真なり、其の中に信あり。

今より古に及ぶまで、其の名去らず、

以て衆甫を閲る。

吾れ何を以て衆甫の然るを知しるや。

此れを以てなり。

 

老子 第21章

  
f:id:yukihori-oyaji:20171114082109j:image

 

相変わらず、何のこっちゃですね。 

 

こんな意味かな…

大きな「徳」を 持つ人は、

「道」にこそ従っているね。

「道」って言うのは、

ぼんやりと奥深いけど、

何となく形や実体も在る。

その中には、何か純粋な「気」があって、

それは、本当に充実していて、

確かな動きも在るよ。

現在から過去に遡っても、

「道」は存在し続けて居るし、

その中に様々なモノのrootsも見出せる。

何でそんな事が判るかと言えば、

「道」が存在して、

活動しているからさ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

「道」の実体は

見えないけれど、

ちゃんと有るんだよ

 

 

…と言いたいんだな、

という事だけは理解出来ました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。