ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第20章】「学を絶たば憂い無し」

「老子に学ぶ」シリーズ

ここ最近は「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第20章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

学を絶たば憂い無し。

唯と阿と、相去ること幾何ぞ。

善と悪と、相い去ること何若ぞ。

人の畏るる所は、畏れざる可からず。

荒として、其れ未だ央きざる哉。

衆人煕煕として、

太牢を享くるが如く、

春、台に登るが如し。

我れ独り怕として、

其れ未だ兆さざること、

嬰児の未だ孩わざるが如し。

乗乗として、帰する所無きが若し。

衆人は皆余り有り、

而れども我れ独り遺しきが若し。

我れは愚人の心なる哉、

沌沌たり。

俗人は昭昭たり。

我れ独り昏たるが若し。

俗人は察察たり、

我れ独り悶悶たり。

忽として、其れ海の若し。

漂として、止まる無きが若し。

衆人は皆以うる有り。

而れども我れ独り頑なにして鄙ひに似たり。

我れ独り人に異なりて、

食母を貴ぶ。

 

老子 第20章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171109233323j:image

 

うぅ~ん、相変わらず難解だし、チョッと長いですね。

 

こんな意味かな…

学びをやめれば心配事が無くなるよ。

「はい」 と「コラ!」、「美」と「醜」

どれほど違うっていうのかな?

皆が恐れる事を、恐れないワケにはいかないね。

「道」っていうのはどこまでも果てしないよ。

皆はまるで、

浮かれて宴会の御馳走を楽しむようだね。

春に丘の上から景色を眺めるようだね。

自分だけが、

静かに何の気持ちも起こさずに、

まだ笑いもしない赤ちゃんみたいだよ。

疲れて、帰る家もない人みたいだよ。

皆にはゆとりが有るのに、

自分だけが貧しい人みたいだよ。

自分は、ココロが愚かで何も分からない。

周りの皆は眩いのに、

自分だけがぼやけてる。

皆は目端が利くのに、

自分だけがザックリで大まかだよ。

 

静かな海みたいだな…

強い風みたいに、止まることも無い。

誰もが皆、優秀なのに、

自分だけがドンくさいんだ。

自分だけが皆と違って、

「道」ってヤツを

大切にしたいと想ってるんだな…

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

 「道」を大事にする事は

皆の普通が、普通じゃ無くなる

 

…と言う事なのかな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。