ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第19章】「聖を絶ち智を棄てば」

「老子に学ぶ」シリーズ

ここ最近は「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第19章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

聖を絶ち智を棄てば、

民の利は百倍す。

仁を絶ち義を棄てば、

民は孝慈に復す。

巧を絶ち利を棄てば、

盗賊の有ること無し。

此の三者は、以て文と為すに足らず、

故に属する所有ら令めん。

素を見わし樸を抱き、

私を少なくし欲を寡なくす。

 

老子 第19章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171109232431j:image

 

ふむふむ、相変わらず難解ですね。

 

こんな意味かな…

君主が聡明さや知恵を捨てたら、

皆の利益は100倍になるよ。

君主が仁愛や正義を捨てたら、

皆のココロは満たされるよ。

君主が技巧や利益を捨てたら、

盗賊も居なくなるよ。

上の3つを

わかり易いコトバにするなら…

外面は「生地のまま」、

内面は「割たての薪の様に」、

私心を減らして、

欲望は少なく、だね。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

私利私欲に囚われず

ありのままを大切にする

 

…と言う考え方が皆の幸せに通じるのかな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。