ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第16章】「虚を致すこと極まり」

「老子に学ぶ」シリーズ

最近は「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第16章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

虚を致すこと極まり、

静を守ること篤し。

万物並び作り、

吾れ以て其の復るを観る。

其れ物の芸芸たる、

各おの其の根に復帰す。

根に帰るを静と曰い、

是を命に復ると謂う。

命に復るを常と曰い、

常を知るを明と曰う。

常を知らざれば、

妄作して凶なり。

常を知らば容なり、

容ならば及ち公なり、

公ならば及ち王なり、

王ならば及ち天なり、

天ならば及ち道なり、

道ならば及ち久し。

身を没するまで殆うからず。

 

老子 第16章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171107081144j:image

 

ふむふむ…

少し慣れてきましたが、相変わらず難解ですね。

 

こんな意味かな…

 出来るだけココロを空っぽにして、

静かな気持ちをkeepしてごらん。

そうすれば、いろんなモノが

生まれて変化していても、

その全てがそれぞれの根元に

戻って行くのが判るよ。

全ての物事が、

活動の根元である「道」に

戻ることを「命に帰る」と言うよ。

「命に帰る」事は自然の摂理だし、

それを知る事を「明」と言うんだ。

自然の摂理に反したら

間違って災難にあうだろうね。

自然の摂理を知れば、

全てを受け入れられるだろうし、

それが出来るなら公平になれるね。

公平ならば 王様になれるし、

そうなれば、もはや「天」と同じだし、

天ならば「道」と一体だね。

「道」と一体ならば永遠だし、

そうなりゃ一生安泰だよ。

   

つまり

今回、僕はこの章で…

 

欲張らないで

落ち着いて考えて

細かい事を気にせず

自然の摂理に従う事が重要だよ

 

…と言う考え方を伝えたいんだろうなと感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。