ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第15章】「古の善く士たる者は」

「老子に学ぶ」シリーズ

ここ最近は「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第15章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

古の善く士たる者は、

微妙にして玄通し、

深きこと識る可からず。

夫れ唯だ識る可からず、

故に強いて之が容を為す。

予として冬に川を渉るが若く、

猶として四隣を畏るるが若し。

儼として其れ客の若く、

渙として其れ釈とるが若く、

敦として其れ樸の若く、

曠として其れ谷の若く、

混として其れ濁れるが若し。

たれか能く濁りて以て之を静め、

徐に清さんや。

たれか能く安らかにして以て之を動かし、

徐に生ぜんや。

此の道を保つ者は、

盈つるを欲せず。

夫れ唯だ盈たず、

故に能く敝れば新たに成る。

 

老子 第15章


f:id:yukihori-oyaji:20171102235505j:image

 

ひょえ~、相変わらず難解ですね。

 

こんな意味かな…

昔のスゴイ人っていうのは、

掴み所が無くて、

何でも良く知ってて、

人としての深さもハンパない。

だから、かなり強引になるけど 、

敢えてその姿を表現してみるよ。

 

冬の川を渡るような注意深さ。

国を警戒するような慎重さ。

VIPのような厳かさ。

氷が溶けるような和やかさ。

伐りたての木のような素朴さ。

谷のような寛大さ。

濁り水のような呑み込みの良さ。

 

誰が濁り水を静かに澄ませられる?

誰が静かに安定してるモノを活動させられる?

 

この「道」 ってヤツを体得した人は、

満ち足りようとはしないよ。

そもそも、そうしないから

崩れても、また復活するよ。

  

つまり

今回、僕はこの章では…

 

「道」を体得した人は

マジでやばいよ、

メゲることすら無いよ。

 

…と言う事を伝えたいんだな、と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。