ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第14章】「之を視れども見えず」

「老子に学ぶ」シリーズ

ここ最近は「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第14章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

之を視れども見えず、

名づけて微と曰う。

之を聴けども聞こえず、

名づけて希と曰う。

之を搏すれども得ず、

名づけて夷と曰う。

この三者は致詰せ可からず。

故に混じて一と為す。

一は、其の上は皦ならず、

其の下は昧ならず。

縄縄として名づく可からず、

無物に復帰す。

是れを無状の状、無物の象と謂う。

是れを忽恍と謂う。

是を迎うれども其の首を見ず、

之に随えども其の後を見ず。

古の道を執とりて、

以て今の有を御す。

能く古始を知る、是れを道紀と謂う。

 

老子 第14章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171102063226j:image

 

ふむふむ、相変わらず難解ですね。

 

こんな意味かな…

目を凝らしても見えないものを「微」 、

耳を澄ましても聞こえないものを「希」、

触っても捉えられないものを「夷」と言うよ。

これらを言葉で言い表すのは難しいから、

ひとまとめに「一」としておくよ。

その「一」っていうヤツは、

上の方が明るいとか、下の方が暗いとか、

そういうモノじゃないんだ。

あちこちにあるけど、名付けようも無くて、

万物が名前を付けられるよりも前の

根源的なモノに通じるんだ。

この事を、

「姿の無い状(すがた)」、「形のない象(かたち)」

と言うよ。

そう言った事を「惚恍」と呼んでおく。

この「惚恍」ってヤツは、

迎えれば頭が見える、と言うワケでも無いし、

従えば背中が見える、ってワケでも無い。

大昔からある「道」を大切にしながら

「今」を捉えて色々やってみれば、

物事の根元を知ることが出来るよ。

コレを「道の法則」って言うんだ。

  

つまり

今回、僕はこの章で…

 

目に見えなかったり

触ることが出来無い

大昔から変わらず根底にある

モノを大切に感じながら

今を捉えると良いよ

 

…と言う考え方が大切だな、

と感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。