ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第13章】「寵辱に驚くが若くし」

「老子に学ぶ」シリーズ

ここ最近は「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第13章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

寵辱に驚くが若くし、

大患を貴ぶこと身の若くす。

何をか寵辱に驚くが若くすと謂いう。

寵を下げと為す。

之を得て驚くが若くし、

之を失いて驚くが若くす。

是れを寵辱に驚くが若くすと謂う。

何をか大患を貴ぶこと身の若くすと謂う。

吾れに大患有る所以の者は、

吾れに身有るが為めなり。

吾れに身無きに及びて、

吾れに何の患いか有らん。

故に、貴ぶに身を以てして天下の為にせば、

若ち以て天下を託す可し。

愛おしむに身を以てして天下の為にせば、

若ち以て天下を寄す可し。

 

老子 第13章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171031075600j:image

 

うをっ、これまた相変わらず難解ですね。

 

こんな意味かな…

栄誉や恥辱に振り回され過ぎてるよ。

そういうことを大事にするのは、

自分自身に執着し過ぎだと言う事だね。

どう言うことかって言うと、

「栄誉」とか言う下らないものを

手に入れても、失っても

兎に角、大騒ぎしてるって事。

自分自身に執着しなければ、

一々大騒ぎする事も、無いって言う事。

だから、

「天下の為にする」って言う理由で、

自分自身を大事に愛おしむ人になら、

天下を託すことが出来るね。

  

つまり

今回、僕はこの章で…

 

自身の栄誉とかに

執着してるヤツよりも 

奉仕の精神で頑張るヤツを

信じた方が良い

 

…と言う考え方が大事なんだろうなと感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。