ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第9章】「持して之を盈たすは、其の已むるに如かず」

「老子に学ぶ」シリーズ

ここ最近は「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第9章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

持して之を盈たすは、其の已むるに如かず。

揣して之を鋭くするは、長く保つ可からず。

金玉の堂に満つるは、之を能く守る莫し。

富貴にして驕れば、自ら其の咎を遺す。

功遂げて身退くは、天の道なり。

 

老子 第9章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171025215754j:image

 

うぅーん、相変わらずわかりにくいですね。

 

こんな意味かな?

満たされた状態をkeepしようとするのは、

止めた方が良いね。

研ぎ澄ましても切れ味保つの大変だよ。

沢山の宝物を溜め込んでも守りきれないよ。

リッチ自慢も、災いを呼ぶだけだよ。

成し遂げたら、

身をひくのが「天の道」だね。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

  

欲張って抱え込んでも

ロクな事が無いから

手放したほうが良いよ 

 

…と言う考え方が大切なんだなと感じました。

 

断捨離とかミニマリスト的な感じですかね。 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。