ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第6章】「谷神は死せず、是れを玄牝と謂う」

「老子に学ぶ」シリーズ

ここ最近は「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第6章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

谷神は死せず、是れを玄牝と謂う。

玄牝の門、是れを天地の根と謂う。

綿綿として存するが若く、

之を用いて勤きず。

 

老子 第6章

 
f:id:yukihori-oyaji:20171024083114j:image

 

むむ、、、相変わらず難解な言葉遣いですね。

 

こんな意味かな?

「谷の神」 は不滅で、「密かなモノ」だよ。

「密かなモノ」の「門」の事を「根」って言う。

 密やかに存在してるようにも感じるけど、

いくら働いても尽き果てはしないよ。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

 …と言うよりも、ここでは生命の神秘的な営みについて触れているんでしょうね。

老子の隠喩とも言うのでしょうか?

「谷」「秘」「門」「根」などの言葉に、全て性的な意味を持たせて

 

「生命」の「源」は女性

そしてそれは「不滅」だよ

 

…と言うことなんでしょうね。

 

「老子」に、こういう事も書いてあるとは、正直知りませんでした。

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。