ココロにチカラを

てらさん (Terra-Sun) の 余計なお世話

ココロにチカラを

【老子 第5章】「天地は仁ならず、万物を以て芻狗と為す」

「老子に学ぶ」シリーズ

ここ最近は「老子」を読みながら、そこで学んだ事や感じた事について書いてます。

 

 ※本記事は「老子の解説」ではありません。あくまでも僕が読んで感じた主観的な「思うこと」を書きます。身勝手で主観的で間違った解釈が含まれている事も、当然あります。

そんな部分は、是非とも温かい目で「スルー」して頂ければ、助かります。※

 

Start [老子 第5章]

さて、どんな事が書いてあるのでしょうか…

 

天地は仁ならず、万物を以て芻狗と為す。

聖人は仁ならず、百姓を以て芻狗と為す。

天地の間は、其れ猶お橐籥のごとき乎。

虚にして屈きず、動きて愈いよ出ず。

多言は数しば窮す、中を守るに如かず。

 

老子 第5章

  
f:id:yukihori-oyaji:20171023231921j:image

 

えーっと、相変わらず難解な言葉遣いですね。

 

 

こんな意味かな?

自然は感情なんて無いから、何も特別扱いしないよ。

聖人も同じで、 誰も特別扱いしないよ。

天と地の間と言うのは「ふいご」みたいなモノ。

カラッポだけど、動かすと色々なモノを生み出す。

喋り過ぎは行き詰まるから、

アレコレ考え過ぎない事だね。

 

つまり

今回、僕はこの章で…

 

どうやったら認めてもらえるか、

などとアレコレ考えてるよりも

動きまくっていたほうが良いよ

 

…と言う考え方が大切なんだと感じました。

 

 

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。